シミ取りの最新技術

シミ取りの最新技術について

ケアシミ取りを検討されてことがある女性はおおいのではないでしょうか?シミはあるだけで
年寄りに見られてしまうとっても厄介な悩みです。お金があればこれをきれいにすることができる時代になりました。具体的にどういった方法でシミ取りができるのか見ていきましょう。


シミ取りの最新技術はまず皮膚科でおこなわれるレーザーです。これは保険対象外の施術になってしまいます。シミ取りは重度のやけどを除いては医療ではなく美容の分野に分類されてしまうのです。だから値段が10割負担で高額になります。ただしほっておくと命に関わるシミも保険対象になりますので早めに皮膚科に行ってください。


リスクが怖くてレーザーには踏み切れない人もいるでしょう。レーザーをしたことでほかのところにシミができた等の事例が聞かれます。またレーザーを施術後は絶対に日光をその部位に浴びてはいけないので、結構大変です。そんな問題を解決するシミ取りが薬です。


皮膚科で処方してもらうお薬のハイドロキノンとトレイチノンはシミに効くといわれています。
この薬はレーザーで取りきれなかったシミを取ることができます。その分薬が強いということでもあるので注意してつかってください。肌が変色したりお肌が荒れる危険性もあります。シミ取りはリスクと隣り合わせです。


それでも、シミを取りたい人は化粧品でシミ取りをするのはいかがでしょう。最近は優秀な化粧品がたくさん出ています。基礎化粧品でシミを薄くすること、そして化粧でごまかしながら消すという方法が一番簡単です。

 

毎日の化粧は面倒ですが、コンシーラーを使えば、大体のしみはきれいに消すことができます。最低限下地とコンシーラーでカバーしてでかけましょう。きっと肌がきれいに見えて、シミも目立ちません。どうしてもきれいに取りたい人はリスクを覚悟の上、お金をかけてレーザーや薬を活用するのもいいでしょう。
まずはシミをこれ以上増やさないよう紫外線対策をしてください。

↑ PAGE TOP