シミ対策

シミ対策には肌を知る

シミは女性にとって、年齢とともに増えてくる悩みの種です。シミにはどのような対策が必要なのでしょうか?まずは自分の肌質を知ることです。


日本人の女性の肌はおもに3つに分けられます。化粧のノリが悪かったり、洗顔後の肌がつっぱる。肌がカサカサしていたり、調子が悪くなることが多い人はドライスキンです。肌のキメが細かく、比較的肌が薄いのが特徴です。冬はもちろん夏場のエアコンでも乾燥します。紫外線の影響も受けやすく肌内部の水分が常に不足しています。このような肌にはどうすればいいのでしょう?

シミ まずスキンケアとして保湿が大切です。洗顔後は乾燥しやすいので30秒以内に化粧水をたっぷりつけてください。乾燥肌にはしっとりタイプがよいと思われがちですが粒子の細かいさっぱりタイプの化粧水をたくさんつけるのがいいでしょう。


次は化粧崩れしやすい人。肌がベタつきやすくニキビや吹き出物がすぐできる。肌の汚れが気になって、毛穴やテカリが鼻のあたりを中心とするTゾーンに出来る人はどういうタイプでしょう。この人たちは肌の決めが荒く、比較的厚い肌のオイリースキンです。


肌がベタつくのは男性ホルモンが多いのかもしれません。このホルモンがなぜ活性化するかというと、ストレスが原因のことが多いようです。女性にとってストレスは大敵です。リラックスを心がけてください。またスキンケアは汚れを溜めないことが必要です。毎日の洗顔を丁寧に行ってください。ただし洗い過ぎは逆効果なので注意しましょう。


最後はドライスキンとオイリースキンの混合肌です。どちらの悩みも持ち合わせた厄介な肌質です。Tゾーンは油っぽいのにあごやほほの端はカサつく日本人に一番多いタイプです。

 

この混合肌は、ストレスと乾燥どっちの悪影響も受けやすく、スキンケアの見直しが必要です。部位ごとに化粧水や乳液をつける量も調節してください。脂っぽさとカサつきに対応した化粧品選びをしましょう。

私自身、スキーで大きなシミができてしまい頑張ってスキンケアをしてきましたが、大きすぎてまったく消えなくて美容外科でレーザー治療をしました。3回ほどやったらかなり薄くなって5回めでほぼなくなりました!3センチぐらいの大きさだったし、5回もレーザーをするとかなり費用もかかりました。

それでも顔のシミは嫌だったのでローンを利用しました。私は主婦だったので医療ローンはダメで、カードローンなら借りれたので良かったです。参考にしたサイト→無職でもお金借りれる?審査に落ちないコツ・内緒で借りる方法あり

↑ PAGE TOP